fbpx
ロボット教室おすすめ11校を徹底比較!

小学校のプログラミング教育の教材は?何年生で何を勉強するの?

小学校のプログラミング教育の教材は?何年生で何を勉強するの?

いよいよ、小学校でのプログラミング教育が開始されますよね。

しかし、プログラミング学習やITに詳しくない保護者の方は、

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

プログラミング教育ってどんなこと勉強するの?
何年生から始まるの?
小学校の授業を受けていたら、将来プログラマーになれるの?

子どもが時代に合わせた新しい勉強を始める喜びはあっても、ママ自身がわかっていないと少し不安で複雑な気持ちですよね。

そこでこの記事では、小学校で必修化となるプログラミング教育について詳しく紹介していきます。

筆者について
https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/hitujisensei.jpg

10歳(男の子)と6歳(女の子)の二児のパパ。
職業はフリーランスのプログラマー兼システムエンジニアです。
自分の子供たちに教えるだけでなく、近所の小学生向けにプログラミング教室を経営中。
子供へのプログラム教育経験に基づき、子供のプログラミング教育のリアルな声をお届けします!

小学校のプログラミング教育の必修化はいつから?

小学校でのプログラミング教育は、2020年から開始されます

あまり知られていませんが、中学校でも2021年からプログラミング教育が開始される予定なんですよ。

さらに、将来的には高校の授業や大学受験でも、パソコンやプログラミング科目の導入が検討されており、プログラミングを始めとする「ITスキル」は、もはや必須のスキルと言っても過言ではない流れになってきています。

プログラミング教育は小学校何年生から?

プログラミングが必修化されるのは知っていても、

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

プログラミング学習は何年生から始まるの?
うちの子も2020年から勉強するの?

2020年から始まるにも関わらず、学校から全然通知もないので、何年生から始まるのかご存じない方も多いのではないでしょうか。

プログラミング教育は「未来の学びコンソーシアム」の場合は小学校低学年からキーボード入力やマウス操作を学びますが、「未来の学びコンソーシアム以外の小学校」では4年生から始まります。

学年毎に学習内容が異なるので、紹介していきますね。

小学校4年生

小学校4年生のプログラミング教育は、音楽・社会で学習する予定となっています。

音楽ではリズム、社会では都道府県などと関連付けて、プログラミングの勉強をしていきます。

小学校5年生

小学校5年生のプログラミング教育は、算数の授業で学習する予定となっています。

図形とプログラミングを関連付けて、プログラミングの勉強をしていきます。

小学校6年生

小学校6年生のプログラミング教育は、理科の授業で学習する予定となっています。

電気などと関連付けて、プログラミングの勉強をしていきます。

プログラミング教科は追加されない

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

えっ?プログラミング教科が追加されるんじゃないの?

このように驚いたママもいらっしゃいますよね。

私もプログラミングの教科が追加されると思っていたので、連絡帳の時間割に「プログラミング」と書かれる時代がきたのかと思っていました。

しかしプログラミングが「教科」として追加されるわけではなく、各教科でプログラミングについて少しずつ学んでいく学習方法になる予定です。

来年から急に、一教科としてのプログラミング学習が始まるわけではありません

PR

小学校プログラミング教育で学習する言語は?

プログラマーがよく使うプログラミング言語には、

  • Java
  • PHP
  • Python
  • JavaScript

このような代表的な言語だけでも何種もあり、マイナーなプログラミング言語を含めると、その言語数は何十種類にものぼります。

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

小学校ではどんな種類のプログラミング言語を勉強するの?

IT業界に明るく興味がある保護者は、子供たちがどんなプログラミング言語を勉強するのか期待している方も多いですよね。

しかし小学校のプログラミング教育では、プログラマーが使うようなプログラミング言語は勉強しません

学習内容は、小学校側の裁量で決めることになっています。

おそらく小学校のプログラミング教育では、ビジュアルプログラミング言語を使う可能性が高いですね。

ビジュアルプログラミング言語って何?

ビジュアルプログラミング言語とは、視覚的にプログラミングができるプログラミング言語です。

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

視覚的ってどういうこと?イメージが沸かないな…

こんなママへ簡単に説明しますと、プログラマーが使用するプログラミング言語と違い、ビジュアルプログラミングではソースコードを記述しません

文字ブロックを組み合わせて、プログラミングすることになります。

操作のほとんどはマウス操作で、キーボードを使うのは、表示する文字やオブジェクト(キャラクターなど)に動きをつけるために「数字を入力する」操作ぐらいです。

文字ブロックには小学校低学年で習う漢字も登場するので、年長さんには少し難しいかもしれませんが、小学校2年生ぐらいから楽しんで学習することができます

ビジュアルプログラミングって何?Scratch?VISCUIT?子どもにおすすめはどれ?

Scratchが濃厚?小学校の教材になるパソコンソフト

小学校のプログラミング教育でパソコンを使ってプログラミングするなら、「Scratch」を利用する可能性が高いです。

少し前までは、文部科学省が提供する「プログラミン」の利用を検討している小学校も多かったようですが、2020年12月31日以降使えなくなる可能性が高いため、使わない方針の小学校が多いようです。

Scratchって何?

Scratchはビジュアルプログラミング言語の1種で、子どものプログラミング学習教材として非常に人気があります。

パソコンとインターネット環境さえあれば、無料で始められます

簡単にゲームなどをつくることができ、作品を公開することで他人と共有することも可能です。

私の子どもやプログラミングスクールの生徒に教える時にも、Scratchを使用していますが、子供も楽しみながら学べるのでおすすめです。

本やWebサイトを参考に保護者が予習をしておけば、自宅でも子どもに教えることもできます。

最初は他の人の作品で子どもと一緒に遊んでみて、興味が沸いてきてから勉強し始める方法がおすすめですよ。

プログラミング学習は最初に苦手意識を持ってしまうと、プログラミングが嫌いになってしまうので少しずつ慣れていくことが大事です。

スクラッチってどんなプログラミング?身につく力や学習メリット スクラッチってどんなプログラミング?子どもに身につく力や学習メリット

プログラミング教育の必修化に過度な期待は禁物

保護者が注意しておきたいのが、プログラミング教育必修化が始まるとはいえ、過度な期待は禁物だということです。

ここからはプログラミング教育の必修化で、保護者が勘違いしやすい注意点を紹介しますね。

将来子どもにIT業界で働いて欲しいというママは、是非目を通しておいてくださいね。

将来プログラマーになれるわけではない

プログラミング教育が必修化されても、残念ながら学校の授業だけではプログラマーになれるわけではないんです。

プログラミング教育の必修化には、

  • IT化が進む時代に対応できる土台作り
  • 論理的思考を身につける
  • IT業界に興味を持つ子どもを増やす

プログラミング教育を通じて、IT業界に興味を持ち、将来IT機器への抵抗を減らすことを重要視しています。

正直、プログラミング教育が必修化されても、少なくともこの数年間では授業の質はあまり期待できないと言えるでしょう

プログラマーやエンジニアなど、将来IT業界の仕事も選択肢に入れられるよう教育したい場合は、学校以外でのプログラミング学習への取り組みが必要です。

子供のプログラミング教育を家庭でやるべき理由。おすすめプログラミング&学習方法は? 子供のプログラミング教育は家庭でもやるべき理由。おすすめプログラミング&学習方法

パソコンなどを使う授業ばかりではない

プログラミングする上で必要となる「論理的思考」は、パソコンやタブレットなどで勉強するとは限りません。

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

パソコンを使わずに、プログラミング学習ってできるの?

意外に思うかもしれませんが、プログラミングの勉強では、パソコンなどのIT機器が必ずしも必要ではありません

私が教えているプログラミング教室でも、最初はパソコンやタブレットは使っていません。

パソコンやタブレットを使わない、簡単プログラミング体験

私が生徒に最初に行うプログラミングの授業は、紙と鉛筆を渡して、

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/hitujisensei.jpg

命令した通りに動くロボットがいることを想像して、隣の部屋にある冷蔵庫までジュースを取ってくるように命令を書きだして下さい。

出来上がったら、紙の通りにロボット役をしてジュースを取りにいきます。

最初の「歩く」という命令が無かったり、「冷蔵庫を閉める」という命令が無かったり…中々ジュースを取って戻ってこれません(笑)

そして、無事にジュースを取ってくることができた生徒に、

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/hitujisensei.jpg

ゲームってこういう命令(プログラミング)で作られているんだよ

こう教えてあげると、子どもたちは関心したり驚いたりするんです。

最初からパソコンでプログラミングの勉強をするよりもイメージしやすいので、是非子どもに試してみて下さいね。

ロボット役をする時は細かいぐらいに命令通りに動く方が、論理的思考を育てることができるのでおすすめです。

子どもが機嫌を損ねてしまわないように、注意して楽しみながらやるのがコツですよ。

スマイルゼミ プログラミング講座の体験談【評価】小学生がやってみた! スマイルゼミ プログラミング講座の口コミ体験談【評価】小学生のタブレット学習効果

まとめ|総合的にプログラミング学習をしよう

プログラミング教育の必修化について紹介してきましたが、2020年のプログラミング学習必修化が始まってしばらくの間は、学習内容は「教師の質に依存する」ことが考えられます

子どもの将来のためにプログラミングを学ばせたい場合は、自宅での取り組みやプログラミング教室に通うのがおすすめです。

プログラミング教育に対して身構える必要はありませんが、逆に期待しすぎにも注意が必要ですね。

無料体験できる!おすすめプログラミング教室

「おすすめプログラミング教室BEST11」すべてをみる