fbpx
ロボット教室おすすめ11校を徹底比較!

子供のプログラミング教育は家庭でもやるべき理由。おすすめプログラミング&学習方法

子供のプログラミング教育を家庭でやるべき理由。おすすめプログラミング&学習方法は?

海外では以前からプログラミング教育が必修化されていましたが、2020年、日本でもついにプログラミングの重要性から必修化されることになりましたね。

子どもが新しい技術を学べるのは喜ばしいことですが、

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

プログラミング教育が必修化になったけど、家庭でもサポートが必要?
あと、どんなプログラミング学習がおすすめで、どうやって勉強するのがいいんだろう?

あまりITに詳しくないご家庭であれば「子供のプログラミング学習…何か家庭でしなきゃいけないのかな…」ということも多いですよね。

このブログは、現役プログラマーで子供向けプログラミング教室を経営する二児の父「コドプロ先生」が、子供のプログラミング教育についてアウトプットするブログです。

現状のプログラミング教育の傾向や、プログラミング教室の生徒たち・その保護者の方からのリアルな声を届けていきますね。

子どものプログラミング学習の必要性

子どものプログラミング学習の必要性は、現在日本が抱えるIT業界の慢性的な人材不足が原因です。

皆さんが今見ているこのWebページを作るのにも、Webページを見る為に使用しているスマートフォンやパソコンもIT技術が使用されてます。

これからの日本にはIT技術は非常に重要であり、少しでもIT業界の人材不足を解消したいのが国の方針です。

またIT業界以外でもパソコンやスマートフォンなどを使う仕事が多く、IT機器やシステムに子どもの頃から触れておいて、社会に出た後、IT機器やシステムを使用する時に困らないようにすることも、プログラミングを学習する必要性の1つになります。

2020年プログラミング教育必修化

2020年、日本でも小学校でのプログラミング教育が必修化されます。

プログラミングの授業が小学校で始まりますが、小学校によってどんな授業を行うか、保護者に向けて説明が少ないところが多いです。

私の子どもが通っている小学校でも、大した説明はしてくれていません。

これもプログラミング教育必修化に対する、不安や疑問の原因となっているかもしれませんね。

ここからはプログラミング教育が必修化されることで、学校の授業にどんな変化がでるか、なぜ学校の授業でプログラミング教育が必修化されるのかなど、詳しく説明していきますね。

PR

2020年プログラミング教育必修化でどう変わる?

現段階ではプログラミングの授業が増えるのではなく、算数の授業や理科の授業などの一環として取り込まれる予定です。

算数や英語と同じように、授業に「プログラミング」という教科が追加されるというものではありません。

プログラミングの授業でも、プログラマーが行うプログラミング言語の勉強ができるわけではないので、「学校で習うからプログラミングができるようになる」というような過度な期待は禁物です。

小学校のプログラミング教育の教材は?何年生で何を勉強するの? 小学校のプログラミング教育の教材は?何年生で何を勉強するの?

STEM教育が重要視されている理由

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

STEM教育って…聞いたことあるような、ないような…

  • Science(科学)
  • Technology(技術)
  • Engineering(工学)
  • Mathematics(数学)

STEM教育を簡単に説明すると、幼い子どものうちから、プログラミングなどのIT技術、パソコンやタブレットなどのIT機器に触れ、今後の社会に適用できる人にする教育です。

これら4つの頭文字をとって「STEM」で、オバマ元大統領がアメリカの教育に取り込んだこときっかけに、フィンランド・イギリス・インド・韓国などをはじめとした世界中で導入が進んでいます

日本のプログラミング必修化も、このSTEM教育の一環によるものです。

今後国内に限らず、世界の子どもに負けないためにはSTEM教育が必要になります。

将来、受験や就職に影響はある?

このプログラミング学習が「子どもの将来にどう影響するか」は、保護者にとって1番気になるところではないでしょうか。

最初に大きく影響するのは、2022年度に高校の授業で「情報I」が必修科目になり、2024年度の大学受験ではパソコンを使った方式が検討されています

また、プログラミングをはじめとする情報関係の科目が大学受験で導入される可能もあるので、現在中学生以下の子どもがいる方は注意が必要です。

就職に関しても、様々な分野で今後もさらにAIをはじめとしたIT化が進んでいるので、システムやIT機器を使用する基本的なルール(ITリテラシー)を知らないと就職が不利になる可能もあります

また、ITエンジニアの社会的地位が高くなってきているので、IT業界に就職できるかどうかで(もちろん、子供自身が望む場合ですが)将来の年収やキャリアが大きく変わると言えるでしょう

そもそもプログラミングってなに?

プログラミングがIT関係の用語だと言うことは知っていても、具体的にどんなものなのか、何ができるのか、どうやって勉強すればいいのか…詳しく知らないという方は多いと思います。

実際に私も、プログラマーとしてIT業界で働く前までは、

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

プログラミングってなに?どんなことができるの?

皆さんと同じように「聞いたことはあるけど…よくわからない」って感じでした。

ここからは、プログラミングとは何か?プログラミング学習で身につく力などについて解説していきます。

プログラミングとは?

運動会や文化祭などでもプログラムが配られますが、コンピュータのプログラムも実は同じようなものです。

コンピュータもプログラム通りに決められた順番で動作していきます。

プログラムをいくつも組み合わせるてことで、仕事で使用する業務システムやゲーム、Webサイトなどが作られているのですね。

プログラミングは「プログラムをつくるためのツール」になります。

ドラマや映画でプログラミングのシーンが度々登場していますが、黒い画面にアルファベットや数字や記号が出ており、なんだか難しそうですよね。

あのアルファベット郡は、プログラムをつくるときに使われる「プログラミング言語」です。

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

プログラミングって難しいんでしょ?
まだ小学生のうちの子にはまだ早いんじゃないかしら?

確かにプログラミング言語は難しいですが、プログラミングのなかには「プログラミング言語を使わない方法」もあります

後述しますが、マウス操作やタブレットなどで、パズルを組み合わせるだけでプログラミングできるものもあるので、親子でゲーム感覚で学習することも可能です。

プログラミング学習で身につく力

私の子どもはスイミングスクールにも通っているのですが、子供の習い事って時間もお金もかかりますよね。

子どもたちが頑張れば頑張るほど、習い事にかかる時間やお金もさらに大きなものとなっていきます。

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

子供の将来のため、という目的以外にも、プログラミング学習するメリットはあるのかな?

正直な気持ち、子供の将来性はママやパパにとってとても重要ですが、それだけしかプログラミング学習のメリットがないのなら「家庭でプログラミング学習を始めなくてもいいんじゃないか…」と悩んでしまいますよね。

子供のプログラミング学習には、実はまだまだ下記のようなメリットがあります。

  • 論理的思考が身に付く
  • 問題解決能力が身に付く
  • 将来働く上での土台作り

論理的思考が身につけば、プログラミングだけでなく、目標までの筋道を子どもの頃から自分でたてて考えることができるようになります。

さらに、問題解決能力が身に付けば、問題へのアプローチや解決方法を自分で模索しながら探すことが可能になります。

既に紹介していますが、将来性の面では、IT業界へ就職しやすくなりますし、将来どこかの企業で働く上で、IT機器やシステムへの抵抗をなくすことができるようになります。

ちなみに、現時点でもすでに、何らかのシステムが導入されていない業界や企業はほとんどない状態となっています。

プログラミングができること自体も重要なスキルですが、プログラミングを学習する過程で習得できる論理的思考や問題解決能力は、子供の成長にとって非常に良い効果があります。

実際、私が子どもにプログラミングを教えるようになってから、子どもたちは自身で予定を立てて行動したり、分からないことがあれば、すぐに誰かに質問するのではなく、まず自分たちで調べるようになったという変化が出てきています

いつから子どものプログラミング学習を始めるべき?

子どものプログラミング学習は、年長(5〜6歳)から始めることができます

小さい頃からはじめるほど、自然に論理的思考などを身に付けることができるため、取り組むなら早めがおすすめです。

ただし、お子さんが難しいと感じているのに無理にすすめたり、楽しくないと苦手意識を持ってしまうと教育上良くありません

小学校低学年までの子供がプログラミング学習に取り組む場合は、無理に学習を進めるのではなく、子どもが興味を持ってくれるように誘導することから始めることが非常に大事です

小学校高学年になるとゲームに興味がある子どもや将来ゲーム開発の仕事がしたい子どもなどが最近は増える傾向にあるので、比較的誘導しやすくなります。

どんなプログラミングがおすすめ?

プログラマーが使用するプログラミング言語に多くの種類があるように、子ども向けのプログラミングにもいくつか種類があります。

代表的な子ども向けのプログラミングは、下記になります。

それぞれの特徴を解説していきますね。

スクラッチ (Scratch)

スクラッチ(SCRATCH)

スクラッチはビジュアルプログラミング言語の1種で、パソコンとインターネット環境さえあれば、無料ですぐに始めることができます。

基本的にマウス操作だけでできるので、子どもから大人まで楽しみながらプログラミングを学べるのが特徴です。

対象年齢8歳くらい〜
学習費用無料〜
学べるスキル論理的思考
問題解決能力
こんな子どもにおすすめゲームが好きな子ども
スクラッチってどんなプログラミング?身につく力や学習メリット スクラッチってどんなプログラミング?子どもに身につく力や学習メリット 子どものプログラミング学習におすすめのパソコン5選!選び方から丁寧に解説 子どものプログラミング学習におすすめのパソコン5選!選び方から丁寧に解説

マインクラフト (Code Connection for Minecraft)

MINECRAFT(マインクラフト)

人気ゲームの「マインクラフト」にインストールすることで、ビジュアルプログラミングができるのが「Code Connection for Minecraft」です。

順次、条件分岐や繰り返しなどのプログラミングの基本を使って、動物や敵を登場させたり、楽しみながらプログラミング学習できることが特徴です。

Windows10のマインクラフトが入っているパソコンがあれば、後はCode Connection for Minecraftをインストールするだけで、すぐに始めることができます。

対象年齢10歳くらい〜
学習費用無料〜
学べるスキル論理的思考
問題解決能力
プログラミングの基本
こんな子どもにおすすめマインクラフトが好きな子ども
マインクラフトって何?子供のプログラミング学習におすすめ?学習効果は? マインクラフトって何?子供のプログラミング学習におすすめ?学習効果は? 子どものプログラミング学習におすすめのパソコン5選!選び方から丁寧に解説 子どものプログラミング学習におすすめのパソコン5選!選び方から丁寧に解説

ロボットプログラミング

LEGO(レゴ)

ロボットやレゴでロボットをつくる、子ども向けロボットプログラミング学習も人気があります。

専用のアプリを使ってロボットを動かすことができ、さらにセンサーやモーターをつければ、ロボットにサッカーやレースをさせることも可能です。

ロボットプログラミングの代表的なものには、レゴマインドストームev3などがあります。

レゴマインドストームev3のキットなどの「ロボットキット」を購入する必要がありますが、世界中で子供向けプログラミング学習に利用されています

レゴ(LEGO)
¥61,151 (2020/05/01 09:48:42時点 Amazon調べ-詳細)
対象年齢10歳くらい〜
学習費用8,000円くらい〜
学べるスキル論理的思考
問題解決能力
こんな子どもにおすすめレゴやロボットなど、玩具が好きな子ども
ロボットプログラミングって何?身につく力や、向いている子供はどんな子? ロボットプログラミングって何?身につく力や、向いている子供はどんな子? ロボットプログラミングとビジュアルプログラミング、子供にはどっちがおすすめ? ロボットプログラミングとビジュアルプログラミング、子供にはどっちがおすすめ?

おすすめのプログラミング学習方法は?

子供のプログラミング学習方法には、親が先に書籍などで学習してから子どもに教える方法や、プログラミングスクール教室やオンラインスクールを活用する方法などがあります。

また、教材は何がいいかなど悩んでしまいますよね。

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

どうやってプログラミング学習させればいいかなぁ?

ここからは、プログラミング学習におすすめの方法や教材を紹介していきます。

書籍

書籍を使ってプログラミングを勉強する場合、子どもの年齢によって勉強方法が変わります。

小学校高学年以上の子供なら、まず入門本を購入し、パソコンにスクラッチやマインクラフトをインストールして学習環境を整え、学習習慣がつくまで親が一緒に勉強してあげれば、後は子ども主導で学習できます。

子どもが小学校低学年以下の場合は、先に保護者が勉強してから、子どもにゲーム感覚で理解できるよう教えていく必要があります

保護者が学習しなければならないこと・学習時間を割かなければならないというデメリットがある反面、親子のコミュニケーションを大切にしたい方におすすめです。

対象年齢8歳くらい〜
学習費用書籍代 約1,800円~
学べるスキル・プログラミングに必要な思考
(論理的思考 / 問題解決能力)
・プログラミング言語の基本
こんな子どもにおすすめプログラミングに興味があり、親子で遊ぶのが好きな子ども
備考はじめて学習する場合、親の学習サポートが必要

学習教材(通信教育など)

国語や算数などと同様に、タブレット教材(進研ゼミスマイルゼミなど)にもプログラミング講座があります。

自宅の勉強ですでに他の教材を利用している場合は、追加でプログラミング講座をすれば、子どもも抵抗なくプログラミング学習できるのでおすすめです。

私の子どももスマイルゼミを利用していて、ゲーム感覚で楽しんで勉強しています。

現役プログラマーの私からみても、教材内容が良くおすすめですよ。

対象年齢8歳くらい〜
学習費用月額 約3,000円~
学べるスキル・プログラミングに必要な思考
(論理的思考 / 問題解決能力)
・プログラミング言語の基本
・国語や算数などの学習もあわせて可能
こんな子どもにおすすめプログラミングだけでなく、タブレットで国語や算数なども一緒に学習したい
備考教材によるが、スマイルゼミなら子ども一人で勉強できる
スマイルゼミ プログラミング講座の体験談【評価】小学生がやってみた! スマイルゼミ プログラミング講座の口コミ体験談【評価】小学生のタブレット学習効果 小学生におすすめのロボットプログラミング キット人気ランキング5【2020年版】 小学生におすすめのロボットプログラミングキット!人気ロボット教材5選【2020年版】 3歳からOK!幼児におすすめのプログラミング教材5選【未就学児向け】 3歳からOK!幼児におすすめのプログラミング教材5選【未就学児向け】

プログラミング教室

プログラミング教室で、子ども向けのプログラミング講座を開講する学校も最近増えてきています。

学習環境もプログラミング教室ですべて準備してもらえるので、家庭で準備するものは受講料だけで済む点も、ハードウェア・ソフトウェア周りが苦手なご家庭にとって嬉しいポイントです。

プログラミング学習はもちろんですが、子どもにプログラミング興味を持ってもらうきっかけづくりから、プロの講師に任せることができます

対象年齢5歳くらい〜
学習費用月額 約10,000円~
学べるスキル・プログラミングに必要な思考
(論理的思考 / 問題解決能力)
・プログラミング言語の基本〜応用
こんな子どもにおすすめ初めてプログラミング学習する子ども〜将来IT業界で働きたい学生まで
備考プロの講師から学べるため、親の学習サポートは不要

プロから学べるプログラミング教室がおすすめ

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

結局どの学習方法がおすすめなの?

書籍・学習教材・プログラミング教室と3つの学習方法を紹介しましたが、それぞれの特徴を知っても、どんな勉強方法が良いのか悩みますよね。

ざっくりまとめると、まずは気軽に子どもと勉強を始めてみたい方は「書籍」や「学習教材」での学習方法がおすすめです。

親子でコミュニケーションを取れますし、子どもの学習内容を保護者も理解できますよね。

きっちり基礎から学習させたい方や、保護者自身がプログラミングに苦手意識がある場合は、保護者の予習が必要ない「プログラミング教室」で学ぶのがおすすめです。

大会への出場などで刺激を受けあえる友達もできますし、なんといっても最先端の技術をプロの講師から学ぶことができます

現役プログラマーおすすめのプログラミング教室

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

うちの子もゲームばっかりやってるし、それならいっそのことプログラミングを習わせてみようかな…。
どのプログラミング教室がおすすめ?

近年急増している子ども向けプログラミング教室、どの学校を選べばいいのか迷ってしまいますよね。

ここでは、現役プログラマーで子ども向けプログラミング教室を経営している筆者が、50校以上のプログラミング教室を比較したなかで、最もおすすめできる学校を3校を厳選して紹介しますね。

おすすめプログラミング教室BEST3

  • 手頃な料金が魅力!国内シェア1位「ヒューマンアカデミー ロボット教室」

    世界に名だたるロボットクリエイター「高橋智隆先生」監修。開校から10年以上変わらず支持され続ける、ロボットプログラミングのパイオニア的存在の学校!

    評価
    教室全国1,400教室以上
    月謝9,000円
    ※別途入学金やテキスト代等

    2019年10周年を迎えた、世界に名だたるロボットクリエイター「高橋智隆先生」監修の「ヒューマンアカデミー ロボット教室」

    国内・海外に展開している教室は1,400教室以上、在籍生徒数は24,000人以上、約1万円という手軽な料金設定も人気で、生徒数・教室数ともに国内シェアNo.1のロボット教室です。

    ロボット教室全国大会という、国内シェアNo.1ならではの発表機会もあり、受講生たちのハイレベルな切磋琢磨のなかで、刺激を受けながらロボットプログラミング学習に取り組むことができます。

    幼児~小学校低学年に対応した「プライマリーコース」から、小学校中学年以上に対応する「アドバンスコース」まで、最長6年、さらに上級コースも加えると9年間、子供の成長に合わせて学べるよう設計されたカリキュラムが魅力です。

    授業の様子をみてみたいという方には体験レッスンもあり、60分の無料体験レッスンを受けることができます

  • 一流IT企業のサイバーエージェント運営「テックキッズスクール」

    評価
    教室東京(7教室)/ 神奈川(5教室)/ 千葉(3教室)/ 埼玉 / 大阪 / 香川 / 長崎 / 沖縄
    月謝19,000円
    ※別途パソコンレンタル代等

    テックキッズスクールは、AmebaブログやAbema TVで有名な日本有数のIT企業「サイバーエージェント」が運営する本格派プログラミング教室です。

    定期的に開催されるプログラミングコンテストで表彰された生徒は、Apple社CEOのティムクック氏が来日した際にプレゼンテーションするなど「社会に能動的に働きかけることができる人材」の育成を目指しています。

    スマホアプリ開発言語SwiftやC#などの本格的プログラミング言語だけではなく、IllustratorやPhotoshopなどでのデザインや、プレゼンテーションなどのビジネススキルまで学ぶことができるのが特徴です。

    月額20,000円以上と料金が高いことがネックとなりますが、本格的なITスキルを身につけたい子どもにおすすめです。

  • 発達障害・ADHD・学習障害の子供でも安心「LITALICOワンダー」

    年長・小学生・中学生・高校生対象のプログラミング教室。ゲームやアプリ(Scratch・Unity・Viscuit・HTML・JavaScriptなど)やレゴロボット製作まで幅広く学べる学校!

    評価
    教室東京(13教室)/ 神奈川(4教室)/ 埼玉
    月謝12,000円
    ※月2回コース ※別途入学金や教材費等

    発達障害・ADHD・学習障害の子供への学習支援・教育支援を行う、LITALICOジュニアが運営母体の「LITALICOワンダー」

    300以上の独自コンテンツから、1人ひとりの興味や得意・ペースに合わせて、オーダーメイドのカリキュラムを考案しており、学習やコミュニケーションに不安のある子供でも、安心して通学することができるプログラミング教室です。

    年長の子供〜高校生まで、ゲームやアプリ開発・ロボット製作・デジタルファブリケーションと幅広い分野を、自由に学べる学習環境が整っています。

    当サイトの独自口コミ調査でも、保護者からの口コミ評判が非常によく、97%が「今後も続けさせたい」と回答。

    来場者1万人を超える「ワンダーメイクフェス」の開催や、有名IT企業とのコラボ企画などのイベントも多彩で、その刺激的な学習環境がさらに子供たちの学習意欲を高めています。

    子供に合うかまず試してみたいという方には、体験レッスンもあり。無料のレッスン(60分)を2コマ体験できます

オンラインスクールなら安くて通学の手間なし

教室へ通学させるのがどうしても難しいというご家庭には、オンラインプログラミングスクールもあります。

ママがお仕事をされていたり、自宅から教室が遠くて通いづらいご家庭なら、オンライン学習を選べば通学時間に悩まされることはありません。

さらに、実教室を持たないオンラインスクールの月謝料金はかなり安く、D-SCHOOLオンラインなら月額1,980円からプログラミング学習を始められますよ

おすすめプログラミング教室比較表

人気ランキング第1位ヒューマンアカデミー人気ランキング第2位テックキッズスクール人気ランキング第1位LITALICOワンダー番外編
D-SCHOOLオンライン
教室全国1,400教室以上東京(7教室)
神奈川(5教室)
千葉(3教室)
埼玉
大阪
香川
長崎
沖縄
東京(13教室)
神奈川(4教室)
埼玉(1教室)
全国(オンライン)
月謝9,500円21,000円〜15,000円〜1,980円〜4,980円
対象年齢幼児〜小学校中学年小学1年生〜年長〜高校生小・中学生
学べるスキルロボット製作
ロボットプログラミング
アプリ開発
デザイン
プレゼンテーション
ゲーム/アプリ
ロボットプログラミング
デジタルファブリケーション
マインクラフト
英語&ゲームプログラミング
ロボットプログラミング
無料体験
60分の体験授業が無料

60分の体験授業が無料

60分の体験授業が2コマ無料

14日間の体験レッスンが無料

まずは無料体験からはじめてみよう

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg
ママ

う〜ん…。
どの教室がうちの子に合うか分からないな...。

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/hitujisensei.jpg
現役プログラマー

まずは無料体験してみるのがおすすめです

こんなママは、まず各プログラミング教室が開放している無料の体験レッスンで、学校の雰囲気や講師・カリキュラムの質など実際に体験してみるのがおすすめです。

上記のプログラミングスクール4校全て試しても、料金は一切かかりません

ぜひ無料体験を活用して、お子さんに合う教室を探してみてくださいね。

無料体験できる!おすすめプログラミング教室

「おすすめプログラミング教室BEST11」すべてをみる