fbpx
ロボット教室おすすめ11校を徹底比較!

小学生でも参加できる!子どものロボットプログラミング大会おすすめ2選

小学生でも参加できる!子どものロボットプログラミング大会おすすめ2選

https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/mama.jpg

子供のロボットプログラミング学習で、何か目標になるものがあればいいんだけど…

子どものロボットプログラミング学習の目標設定におすすめなのが「ロボットプログラミング大会」です。

初期費用は少し高額になりますが、ロボットキットさえ購入すれば、長く勉強を続けられるのがロボットプログラミングの特徴です。

小学生におすすめのロボットプログラミングキット!人気ロボット教材5選

しかし、目標がなければ子どもはすぐに飽きてしまいますよね…

ロボットプログラミング学習だけでなく、プログラミング全般に共通して言えることですが、プログラミング学習は継続しなければ効果がありません

そこでおすすめするのが、ロボットプログラミング大会に出場することを目標とし、学習モチベーションを保つこと。

ロボットプログラミング大会は世界各地で開催されており、気軽に参加することが可能です。

ここでは、子供が参加できるロボットプログラミングの大会を紹介していきます!

筆者について
https://kodomoprogramming.com/wp-content/uploads/2020/02/hitujisensei.jpg

10歳(男の子)と6歳(女の子)の二児のパパ。
職業はフリーランスのプログラマー兼システムエンジニアです。
自分の子供たちに教えるだけでなく、近所の小学生向けにプログラミング教室を経営中。
子供へのプログラム教育経験に基づき、子供のプログラミング教育のリアルな声をお届けします!

ロボットプログラミング大会に出るメリット

ロボットプログラミング大会に出るメリット

ロボットプログラミング大会に出ることは、子どもにとって沢山のメリットがあります。

1. 目標ができる

ロボットプログラミング大会への出場は、プログラミング学習の目標に最適です。

家庭でロボットプログラミングを学習しているだけでは目標がないため、飽きやすい子どものモチベーション維持が難しいです。

ロボットプログラミング大会に出場することで、ただ単純にロボットプログラミング学習をするだけでなく、「どうすれば賞を取れるのか」など考えるように変化します。

また、他の子どもの作品に感化され、目標設定もどんどん上がっていきますよね。

目標ができるだけで、勉強の質も大きく変化し、自主的にロボットプログラミング学習にハマっていく子供も少なくありません

2. チームでの開発が経験できる

チーム開発の経験ができるのも、ロボットプログラミング大会出場のメリットのひとつです。

ロボットプログラミング大会には2名〜3名で参加する競技もあるので、役割分担を決めて開発したり、アイディアを出し合うことなど、個人ではできない経験ができます

3. コミュニケーション能力を養える

ロボットプログラミング大会で得られるコミュニケーション能力の向上は、社会人になった後にも非常に役立ちます。

ロボットプログラミング教室に通っている場合は、ほとんど面識のない生徒同士でチームを組み、コミュニケーションをとる機会が増えるためです。

子供が1人でロボットプログラミングを勉強していたり、いつも同じメンバーで過ごす学校生活のなかでは、接点のない子どもと接する機会はほとんどありませんよね

しかしロボットプログラミング大会を通して、年齢や性別、場合によっては国籍が違う子どもとも、コミュニケーションをとれる機会に恵まれます。

4. 闘争心が生まれる

ロボットプログラミング大会に出場することで、闘争心が生まれます。

「○○君には負けたくない!」
「○○さんのチームより上の順位を取りたい!」

私の子供もそうでしたが、私たち親の子供時代に比べて、今は闘争心が少ない子供が多いですよね。

うちの子はロボットプログラミング大会を意識してから闘争心が芽生えました。

最近ではプログラミングに関してだけではなく、水泳など他の習い事でもライバルを見つけ、大会に挑めるようになりました。

PR

子供も参加できるオススメのロボットプログラミング大会

ロボットプログラミング教室内で開催される小さな大会は沢山ありますが、どうせチャレンジするなら、全国規模の大きなロボットプログラミング大会を目指したいですよね。

小学生などの子どもが参加できる、私がオススメするロボットプログラミング大会は、

  • WRO
  • 小学生ロボコン

上記2大会です。

大きな大会なので気が引ける方もいるかもしれませんが、子供の可能性を伸ばせる良い大会なので是非チャレンジしてほしいです。

WRO Japan (ワールド ロボット オリンピアード)

WRO Japan (ワールド ロボット オリンピアード)

WROの正式名称は「ワールド ロボット オリンピアード」です。

市販のロボットキット(レゴ マインドストーム等)で、自律ロボットを作って参加するコンテストです。

レゴ(LEGO)
¥61,151 (2020/05/01 09:48:42時点 Amazon調べ-詳細)

予選から勝ち進むことで、最後は国際大会に出場することができます

予選から国際大会までの流れは下記になります。

  1. 国内公式予選大会
  2. WRO Japan決勝大会
  3. WRO 国際大会

参加はチーム制で、小中高生の選手2〜3名+コーチ1名(20歳以上)がひとつのチームとなって参加します。

参加料1名あたり 2,500円
こんな子供にオススメレゴマインドストームが好きな子供
大きな大会で実力を試したい子供

小学生ロボコン

小学生ロボコン

小学生ロボコンは、NHKエンタープライズ主催の小学生向けロボットプログラミング大会です。

小学校4年生〜6年生までの3名を1チームとして、大会に参加することができます。

大会の流れは下記になります。

  1. 1次予選ビデオ審査
  2. 2次予選大会決勝
  3. 全国大会

1次予選は規定のコースを作成し、ロボットを動かす課題をクリアする「ビデオ審査」です。

ギャラリーなどがいないため盛り上がりには欠けますが、気軽に参加することができます。

2次予選大会決勝で2部門の上位6名(合計12名)が、全国大会に出場することができます

ロボットは推進キットを購入するか、規定のパーツの購入することで準備してくださいね。

参加料無料
支給遠方から全国大会出場者へ参加する場合、2名分の往復交通費支給
こんな子供にオススメレゴマインドストームが好きな子供
図工が好きな子供

まとめ|保護者にとっても学びの多い大会出場

ロボットプログラミング大会は、保護者にとっても多くの「学び」を得られる挑戦です。

また、子供だけでなく、保護者も十分楽しむことができますよ。

大会未経験の方は、まずは「小学生ロポ」の1次予選からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

無料体験できる!おすすめプログラミング教室

「おすすめプログラミング教室BEST11」すべてをみる